アーカイブ | RSS |
投稿者 : umehara 投稿日時: 2019-12-06 09:57:04 (398 ヒット)

会員の皆様へ

本会メインアドバイザー 片山悦郎氏が12月4日、永眠されました。
片山氏は肺癌を患い先週から入院されていましたが、その症状の進行が極めて速く、危篤状態となっておりました。
ここに、心から哀悼の意を表すとともに謹んでお知らせ申し上げます。

            訃    報

故 片山悦夫(悦郎)儀 令和元年12月4日 満72歳で 逝去いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます。
尚通夜及び告別式は次の通り執り行いますので宜しくお願い申し上げます。

            ー記ー

自宅出棺  12 月 10 日(火)16時30分~(自宅→奏ホール)
通  夜  12 月 10 日(火)18時00分~(式場:奏 ホール)
葬  儀  12 月 11 日(水)10時30分~(式場:奏ホール)
出  棺  12 月 11 日(水)12時30分~(奏ホール→焼津斎場)
点  火  12 月 11 日(水)13時00分~(焼津斎場)

喪  主  片山 浩 子 様
自宅住所  焼津市策牛164-1

通夜・葬儀に関するお問い合わせ、ご供花のお申込みは下記宛にお願い申し上げます。

小林葬祭 奏ホール
〒426-0002 静岡県藤枝市横内 2141
フリーダイヤル 0120-60-5830


投稿者 : syokutai 投稿日時: 2019-11-22 10:27:37 (315 ヒット)

会員の皆様へ

只今、事務局の運営が人手不足による業務多忙により休止状態になっております。
具体的な活動が十分に実施できず、大変申し訳ございません。
1日でも早く活動再開できるよう体制を整えてまいりますので、何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。
また、活動を定期的に実施できるまでは、新たな年会費は発生しません。
もし、退会をご希望される場合は、お手数ですが事務局までご連絡をお願い致します。

日本植物対話農法学会 事務局


投稿者 : umehara 投稿日時: 2019-05-09 01:09:05 (471 ヒット)

この度、学会の取り組みを確実に進めていく為、テレネット定例会を月に1回開催していく事になりました。

以下の日時に予定していますので、ご参加くださいますようお願いいたします。

5月15日(水)
受付 18:30(この時間よりネット上の会議室にアクセスできます。)
定例会 19:00~

内容
学会会長および副会長の圃場視察報告
会員各自の栽培に関する課題
質問コーナー
圃場の様子などの動画をアップロードする方法について
など

5月13日(月)までに、事務局へ出欠のご連絡をお願いします。

テレネットの接続方法は下記のページをご覧ください。
http://syokutai.com/modules/pico6/index.php?content_id=1

ご不明な点や、参加方法など分からないことがあれば
事務局までご連絡下さい。
staff@syokutai.com
080-7896-4141


投稿者 : umehara 投稿日時: 2019-04-11 16:07:09 (1598 ヒット)

拝啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は当学会の運営に多大なるご協力をいただきまして有り難うございます。
さて、さる4月10日、テレネット(ビデオ通話)を利用した平成31年度総会を開催、多数の会員各位のご出席をいただきました。以下に議事内容および決算報告の資料を添付致します。ご確認よろしくお願い致します。
敬具

総会資料へのリンク(会員限定公開)
http://syokutai.com/modules/pico6/index.php?content_id=4


投稿者 : umehara 投稿日時: 2019-03-04 10:55:37 (569 ヒット)

この度当会において、インターネット回線を用いたビデオ会議システムを導入し、今後これを利用した学習会(テレネット農芸塾)を随時開催していく予定です。このシステムは、パソコンやスマートフォンがあればお互いの画像(動画)を見ながらの通話が可能になり、ネット上で圃場の様子や写真を見ながらの学習会が可能になります。
このサービスは会員限定のサービスとなりますので、参加希望の方は入会手続きの上、会員番号の取得をお願いします。
また、現在会員の方は右のメニューのテレネット農芸塾(会員限定)に会員向けのマニュアル、参加方法の案内がありますので御覧ください。
学習会の開催予定はイベント案内でも告知致します。


(1) 2 3 »

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2014 日本植物対話農法学会